ロゴ
HOME>Column>更年期対策には漢方やサプリが効く!不快な症状を打破しよう

更年期対策には漢方やサプリが効く!不快な症状を打破しよう

漢方

女性は閉経前後の50代に近づくと、卵巣の機能が低下して女性ホルモンの分泌が減少します。すると体内のホルモンバランスが乱れ、自律神経が上手にコントロールできなくなって、冷えのぼせやイライラなどさまざまな心と体の症状が現れます。これがいわゆる更年期障害ですが、最近ではストレスなどが原因で、まだ若いうちから更年期のような状態になる方もいます。更年期障害は女性に顕著な症状ですが、男性も中年以降になるとホルモンバランスが変化し、そのせいで体調を崩すケースがあります。西洋医学では女性ホルモンを直接補って更年期障害を改善する場合があります。しかしホルモン療法は副作用が心配だという方も多いでしょう。そういう方は漢方を試してみるのもひとつの方法です。

漢方では更年期障害全般を「血の道」と呼び、代表的な薬としては加味逍遙散などが挙げられます。ただし漢方薬は西洋医学の薬のように、病気の原因に直接作用するのではなく、体質の改善を目的としています。そのため同じ症状でも同じ薬が処方されるとは限らず、ひとりひとりに合わせた治療法を選択する必要があります。漢方では体内を巡る気・血・水の流れを整えることで、健康を回復できると考えます。また体力の充実した人を実証、虚弱気味の人を虚症と呼び、体質によって薬を使い分けます。漢方薬の効き目を実感できない方は、薬の選び方を間違えているかもしれません。まず自分の体質をしっかり把握することが、不快な症状を取り除く第一歩になります。

生薬